Garage Minatoと研究開発プロジェクトサービス契約を締結している株式会社BugMo(京都府京都市、代表取締役 松居佑典・西本楓)が、株式会社日本クラウドキャピタル(東京都品川区、代表取締役 柴原祐喜・大浦 学)が展開する日本最大手の株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム「Fundinno」にて資金調達を実施し、3日間の公募期間で289人の投資家から3510万円の資金調達に成功し、2021年7月1日をもって権利が確定したことをお知らせします。

株式会社BugMoは、世界の人口増や畜産需要の高まりから、土地や森林、水等多くの資源が消費されている中、環境負荷が少なく、栄養価の高いコオロギの自動養殖システムを通じて、タンパク質の地産地消・国産国消を目指しています。この度、コオロギ養殖システムの開発、コオロギを使った商品開発を目指し、2021年5月28日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである「FUNDINNO」は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指すベンチャー企業に投資することができます。ベンチャー企業は各地から集まり、その中から厳しい審査を通過した企業のみが投資家の募集を行います。FUNDINNOでは普通株式や新株予約権への投資となり、投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。企業によっては投資に対してエンジェル税制を活用できる場合や、株主優待を設定している会社もあり、新しい投資体験が可能です。※FUNDINNOを通じて投資を行う場合は、投資家様にも投資適格性などの審査が必要となります。

同社の強みは、社会課題解決への強い想いを持った創業者と、これを実現すべく終結した、昆虫、テクノロジー、味覚、商品デザイン、マーケティング等の各分野のプロフェッショナル集団である点です。Garage Minatoを運営する成光精密株式会社でも、代表取締役の高満洋徳・Garage Minato責任者の野村泰暉をはじめとするスタッフが同社の事業開発に参画しています。また、機械学習・ブロックチェーン技術等の先端テクノロジーを活用してコオロギの品質と衛生管理を徹底した昆虫テックである点も競合優位性となります。今後は大規模なコオロギ養殖自動化システムの実証実験をスタートさせ、この研究拠点から周辺事業者と共に成長する循環型モデルを構築すること、また養殖自動化システムの汎用性を活かし、イナゴやゾウムシの幼虫等、地域・国ごとに最適な昆虫食を開発することで企業の成長を目指します。

成光精密株式会社では、同社の事業をより加速させるため、コオロギの自動養殖システムの開発や、各地域での事業開発の支援・連携を行っております。今回の資金調達により、さらにそのスピードを加速させ、さらなる事業成長を目指してまいります。

成光精密株式会社・Garage Minatoでは、ものづくりに関する事業開発の相談を随時承っております。相談したいことがある方はご気軽にGarage Minatoお問い合わせ窓口までご連絡ください。

当社が開発中の自動養殖システムの一部

株式会社BugMoについて

「誰もが等しく美味しく栄養のある食を作れ、食べられる世界を。誰もが自分の体も、心も、人生も満たすことができる世界を」というビジョンの下、2018年に創業し、食用昆虫の養殖システムの開発や昆虫由来の食品その他の開発・製造・販売を行っているスタートアップ企業です。現在のような、依存と搾取そして栄養問題を本当に解決したければ、先進国・途上国問わず、世界中の人が、地域で必要なタンパク質を自分たちで生産し、消費できる自立した食の生産システムを作る必要があります。昆虫ならそれができる。そして、そのために、昆虫食という古代の文化を、現代の文化に合わせアップデートし、育てるところから口に入るまで、文化を再構築(cultivate culture)しようと、このプロジェクトを進めています。現在では成光精密株式会社を初め、様々な教育機関・事業会社とも提携を進めております。

Fundinnoについて

1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指すベンチャー企業に投資することができます。ベンチャー企業は各地から集まり、その中から厳しい審査を通過した企業のみが投資家の募集を行います。FUNDINNOでは普通株式や新株予約権への投資となり、投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。企業によっては投資に対してエンジェル税制を活用できる場合や、株主優待を設定している会社もあり、新しい投資体験が可能です。※FUNDINNOを通じて投資を行う場合は、投資家様にも投資適格性などの審査が必要となります。

成光精密株式会社・Garage Minatoについて

成光精密株式会社は産業用機械部品の設計、加工を行う部品加工会社です。2018年より、ものづくりに関わる技術者、学生、町工場、ベンチャー企業をつなぐためのオープンイノベーション拠点「Garage Minato」の運営や、大企業・ベンチャー企業の新製品開発における試作~量産支援も行っています。

個々に持つ技術やノウハウと研究者・ベンチャー企業らが持つアイデアと先端技術を、お互いに主体性を持って行動することで社会実装を加速させ、日本が世界のものづくりイノベーションを支える開発拠点となることを目的に取り組んでいます。https://www.seikouseimitsu.com/https://www.garage-minato.jp/

本件に関する問い合わせ先

Garage Minato(成光精密株式会社 事業開発部)
インキュベーション&プロジェクトマネージャー 野村泰暉
TEL:06-6586-5771 Mail:info[at]seikou-seimitsu.com